ドッグフードの種類

一般的に犬はドッグフードと水だけで成長することができます。ドッグフードにも種類がたくさんありますが、総合栄養食と書かれているものがそれに当たります。中には補助食品もあり、総合栄養食では補えきれない栄養を補充するものであるため、これだけでは1日に必要な栄養が不足します。そこで、総合栄養食を食べてそれで不足する場合に補助食品を食べさせたり、コミュニケーションやしつけのためにおやつを与えるのが食事の基本的なスタイルです。

総合栄養食の中でも様々なものがあり、中には病理食やアレルギー食というものもあります。これは持病があったりアレルギーがあったりする場合に、病状を抑える栄養バランスやカロリー制限がされていたり、アレルギーの原因となる食品を除去したりということがされています。生後間もない頃から総合栄養食のドッグフードを食べてその中で体調が悪くなったりお腹を壊したりすることが続くようなら、アレルギーや持病がある可能性があります。

自己判断で病理食やアレルギー食品を与えるのではなく病院で検査をした上で選ぶようにします。特に体調に問題がなければ一般的な総合栄養食を与えますが、適量を与えても太りやすかったり痩せやすかったりすることもあるので、そこは愛犬の様子を見て医師と相談しながらドッグフードを変えたり給餌量を変えたりという調整をします。