ドッグフードの選び方

ドッグフードを買おうと思っても、多くの商品がありどれを選べばよいかわからなくなるものです。もちろん高いものはそれだけこだわりがあるので健康によいものをとこだわった製品が多いです。原材料にオーガニック食品を用いてたり、食品添加物を用いていなかったり、といったこだわりが持たれているために自然とそのコストもかかるのです。しかし、高いものが体によいと言っても購入し続けることができなければ意味がありません。そこで、続けて購入できる価格帯のものでよいものを選ぶことが重要です。

賞味期限が長すぎるものは添加物を多く使用している可能性が高いので避けるべきと言えます。品質表示にたくさん添加物の名前が書いてあるものも避けたほうがよいと言えます。ビタミン剤やハーブなど、添加物の中には体に有害でないものもありますから、添加物を全て悪いと思う必要はありません。

また、品質表示を見てもわからない場合には企業のホームページで食材のこだわりについても確認したり、直接電話をして質問しても良いでしょう。獣医師やペットショップ店員のお勧めを参考にするのも大変有効です。このような信頼出来る企業のものを選ぶことは安心安全なドッグフード選びに必要と言えます。

参考……カナガン|イギリス直輸入!グレインフリープレミアムドッグフード通販
獣医師が推薦している人工添加物不使用のドッグフードです。
 

ドッグフードの種類

一般的に犬はドッグフードと水だけで成長することができます。ドッグフードにも種類がたくさんありますが、総合栄養食と書かれているものがそれに当たります。中には補助食品もあり、総合栄養食では補えきれない栄養を補充するものであるため、これだけでは1日に必要な栄養が不足します。そこで、総合栄養食を食べてそれで不足する場合に補助食品を食べさせたり、コミュニケーションやしつけのためにおやつを与えるのが食事の基本的なスタイルです。

総合栄養食の中でも様々なものがあり、中には病理食やアレルギー食というものもあります。これは持病があったりアレルギーがあったりする場合に、病状を抑える栄養バランスやカロリー制限がされていたり、アレルギーの原因となる食品を除去したりということがされています。生後間もない頃から総合栄養食のドッグフードを食べてその中で体調が悪くなったりお腹を壊したりすることが続くようなら、アレルギーや持病がある可能性があります。

自己判断で病理食やアレルギー食品を与えるのではなく病院で検査をした上で選ぶようにします。特に体調に問題がなければ一般的な総合栄養食を与えますが、適量を与えても太りやすかったり痩せやすかったりすることもあるので、そこは愛犬の様子を見て医師と相談しながらドッグフードを変えたり給餌量を変えたりという調整をします。